糖尿病は甘く見てはいけない!重篤な合併症を引き起こすリスクもあります。一生インスリン注射生活をしなければなりません。生活習慣が乱れている人は皆、糖尿病予備軍といっても過言ではありません。健康な未来のためにサイトをチェック!

  • ホーム
  • 巷で噂の糖質制限ダイエットの方法

巷で噂の糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットとは、食事の際に炭水化物のうち糖質と食物繊維の中から糖質の摂取を制限すること及び果物や野菜等のうち糖質を多く含む食品の摂取を抑えるダイエット法です。
糖質量に着目してダイエットする方法であり減量や中性脂肪の数値を下げるなど体質改善を目的とする方からお腹まわりが気になり始めた方がお腹を引っ込めるというような目的で行うことができるダイエット法です。
種類としては糖質量を1食あたり20グラム以下に抑える厳し目の取り組みから、60グラム以下に抑えるプチ糖質制限という方法までその人の身体の状況等に応じて取り組める点ですぐに取り組める方法ということがいえます。

なぜ、この糖質制限によりダイエット効果があるかというと糖質を摂取すると血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高まり、血液中のブドウ糖が臓器に届いた際に臓器の機能を維持する目的で膵臓がインスリンを分泌してそのインスリンが機能することでブドウ糖を化学変化させて筋肉や臓器に蓄えられるものに変換します。
しかし蓄えられたものを運動等で消費しないと余剰なものとなり体内に蓄積されて太る原因となるのです。

このメカニズムを逆手にとって糖質制限をすることで血糖値が高まらず、インスリン分泌量を抑えることで筋肉や臓器に蓄える機能を抑制するとともに余剰なものを消費させることで減量するというのが糖質制限ダイエットが減量に効果がある根拠となっています。

この糖質制限ダイエットを行うために糖質が多く含まれている食材の摂取を控える必要があります。
具体的には炭水化物である米、パン、パスタなどの主食を控えるというところまでは思いつくでしょうが、野菜などでも糖質を多く含むじゃがいもやさつまいもなどについても注意する必要があります。

また、甘味がある果物についても糖質を多く含みます。
現代の果物には甘味があるものが多いので、糖質の少ないグアバやアセロラなど以外は基本的には食べるべきではないでしょう。
さらに酒類についてもビールは糖質を多く含んでいるので控えるべきです。
どうしてもビールを飲みたいなら糖質オフの商品を選択するべきです。

糖質制限中に許可される食べ物は?

このように糖質制限ダイエットを行おうとした場合に主食、副食、デザート、飲み物を考えると糖質を含む食品が多いということに気づきます。
では前段で述べたもののほかにどのようなものであれば食べることができるのでしょうか。

まず、積極的に摂取すべき食べ物です。
糖質制限ダイエットを効果的に行うためには体内の臓器や筋肉がうまく機能して基礎代謝が高まっている状況にある必要があります。
でないと余剰なものを消費させるという目的が実現できないからです。
このために体を作る栄養素であるタンパク質を積極的に摂取する必要があります。

このタンパク質の摂取の別の効果として仮に体内のブドウ糖が不足した場合においても体内酵素の働きによりブドウ糖を生成する能力があるのでブドウ糖不足により頭が回らないという事態を回避できるのです。
タンパク質を多く含む食材としては牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類を積極的に摂取することです。
また、魚についてもタンパク質が豊富なので摂取するとよいでしょう。
ただし魚についてはみりんなどの調味料に糖質が多く含まれている場合があるので焼き魚等の単純な調理法のものを食べるべきです。

これらの動物性タンパク質のほかに大豆などの植物性タンパク質を摂取することも必要といえるでしょう。
そして卵についてもタンパク質ですので主食の代わりとしていり卵などをおかずと合わせて食べるという食事メニューが考えられます。
また、肉を食べると肉を消化吸収して排泄するために野菜を接種する必要があります。

糖質制限という観点からすると葉物野菜、具体的にはほうれん草などを積極的に摂取するとよいでしょう。
また中性脂肪を減らす効果があるという観点と体内で組成できないものであるという観点からオメガ3系脂肪酸、食材としてはアマニ油やえごま油などを摂取するべきです。
これらの食材等を中心としてその他の糖質が低いものを食べていくというのが糖質制限中に食べることが許可されるものとなるでしょう。

人気記事一覧