糖尿病は甘く見てはいけない!重篤な合併症を引き起こすリスクもあります。一生インスリン注射生活をしなければなりません。生活習慣が乱れている人は皆、糖尿病予備軍といっても過言ではありません。健康な未来のためにサイトをチェック!

  • ホーム
  • 頻尿の症状と原因についてご説明

頻尿の症状と原因についてご説明

尿は体内の余分な水分や老廃物が腎臓でろ過されて膀胱に溜まり、その後、体外へ排出されていくものです。
普段は、尿道が閉じられているため、尿が漏れることはありません。
そして、膀胱に尿が溜まった時点で、脳に信号が送られて、尿意が生まれてきます。
その後、トイレなどで今度は脳から信号が送られてきて、排尿されるというわけです。

頻尿という病気は、尿意を頻繁に感じてしまい、何度も排尿したくなるというのが主な症状です。
もともとトイレに行くペースは人それぞれ違うため、どのくらいのペースで行くのが頻尿であるかの定義づけは難しいところです。
しかし、その人がいつもの自分のペースではない、トイレがやたら近くなったと感じるのなら、それが頻尿の症状であると言えるかもしれません。
それに、さっきトイレに行ったばかりなのに、まだすべて出し切ったという感じがしない、どこかまだ尿意が残っているというのも頻尿の症状の一つとされています。

頻尿の原因は、過活動膀胱、尿路感染、心因性などさまざまです。
ほかにも、排尿後も膀胱に尿が残っていると感じる残尿や、尿の量が思ったよりも多くなったと感じる多尿なども頻尿の原因の一つとされています。
過活動膀胱というのは、尿がまだ膀胱に溜まっていない状態で、膀胱が本人の意思に反して収縮してしまうという病気であり、急にトイレへ行きたくて我慢できなくなるという症状が出てきます。
これについては、尿意切迫感という専門用語がありますが、これがさらに進むと、トイレに間に合わなくてもらしてしまう切迫性失禁という症状を起こすようになってしまいます。

これらの症状が出るもととなっていることには、他の病気の影響なども見逃せません。
というのも、脳や脊髄の病気があると、膀胱のコントロールが思うようにならないことがあるためです。
脳卒中やパーキンソン病などがそれにあたります。
ほかにも、老化のせいで起きたりすることもあります。

頻尿の対策について

頻尿という病気は、残尿という病状が進行して生じることもあります。
一度トイレに行っても、まだ膀胱内に尿が残っている気がして、排尿障害などとも呼ばれています。
つまり利尿作用が適切に働いていないていないためです。

主に前立腺肥大症などが原因で起こるものですが、他にも、ヘルニアや子宮がんなどの手術がもとで膀胱を収縮させる神経が阻害され、膀胱がうまく働かなくなり残尿を感じることがあります。
この残尿の原因となるやっかいな病気が膀胱炎です。
膀胱炎は、尿道から大腸菌などが膀胱へ侵入することで起きる病気です。
尿道が短い女性がかかりやすいとされ、尿意を我慢することが多いのも多く発症する原因の一つとされています。
膀胱炎にかかると、残尿感を覚えたり本格的に頻尿になったりします。
そこで、残尿、頻尿にならないための対処法としては、その前段階としての膀胱炎にならないようにすることが大事になります。

まず、トイレを我慢しようとしないことです。
また、下半身の冷えもよくないことが指摘されているので、防寒にも気を配りたいところ。
そして、陰部を清潔に保つことも徹底すべきでしょう。
進んで摂取すべき食材については、体を温め抗菌作用もある生姜、利尿作用のあるスイカなどです。

頻尿という病気については、心因性の神経性頻尿などもあります。
これは、膀胱や尿道について何も問題がないのにトイレのことが気になり、何度も行ってしまうというものです。
神経性頻尿の特徴は、夜間頻尿というものがなく寝てしまうと何も問題なくなるというものです。
気持ちが緊張した状態になっているのが原因になっているのです。

そこで、対処法としては、夜間頻尿の心配をしていないように、いつも気持ちが楽でいられるよう心因性の原因となっている問題を解決して緊張を取り除くことです。
そうすれば頻尿も自然と解消されるようになります。
また、前立腺肥大症などの病気が原因となって発症している頻尿についても、その原因である病気を治療するほうが対処法としては先になります。