糖尿病は甘く見てはいけない!重篤な合併症を引き起こすリスクもあります。一生インスリン注射生活をしなければなりません。生活習慣が乱れている人は皆、糖尿病予備軍といっても過言ではありません。健康な未来のためにサイトをチェック!

  • ホーム
  • 高血圧で一般的な治療の薬

高血圧で一般的な治療の薬

女医と女性看護師

現在、高血圧と診断された場合で薬物治療が必要な場合に使われている降圧剤は、カルシウム拮抗薬と呼ばれる種類、ARBと呼ばれている種類、ACEと呼ばれている種類、利尿剤、βー遮断剤と呼ばれている種類が第一選択となっています。
この中でも現在最もよく使われている降圧剤(血圧を下げる薬)は、カルシウム拮抗薬という種類です。

カルシウム拮抗薬は直接血管に働くので確実に血圧を下げてくれるので効果も確かです。
そして古くから使われていて歴史が長いので、安全性も確かで副作用も少ないというメリットがあります。
また、薬価が安いので患者さんの懐にも優しいと言えます。
その代表がノルバスクやアダラートです。

ノルバスクはアムロジピンが主成分です。
1993年から発売されていて世界中で広く使われています。
血圧をしっかり下げたい人や、できるだけ経済的な負担を減らしたい人に向いています。
アダラートはニフェジピンが主成分です。
1976年から発売されている歴史の古い降圧剤です。
現在は改良を重ねた1985年発売のアダラートLや1998年発売のアダラートCRが良く使われています。

そして近年は、ARBと言う種類の降圧剤がうなぎ上りに人気を集めています。
代表的な商品がテルミサルタンを主成分とするミカルディスです。
ミカルディスは2002年に発売された降圧剤なので、他の2つと比べると比較的新しい薬と言えます。

腎臓や心臓をやさしく保護しながら血圧を下げてくれます。
高齢者で心機能や腎機能に不安のある人や高血圧に高尿酸血症を併発している人に好んで使われています。
これは、ミカルディスには血圧を下げる作用だけではなく、尿酸値を下げる作用も少しだけあるからです。
しかし、ミカルディスは肝臓で排泄されるので、肝機能が低下している人には使えません。
これらの薬を使って血圧をコントロールすることで、血管が傷ついて動脈硬化にあるのを防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞などになることを予防することが重要です。

高血圧治療薬もネット通販で購入できる時代

優れた降圧効果を持ち比較的副作用も少ないとされるノルバスクやミカルディス、アダラートといった高血圧治療薬は、基本的に病院で医師の診察や検査を受けて高血圧症と診断されてから、症状や体質に合った降圧剤が処方され、購入することができるようになります。
降圧剤の中には心臓の働きに直接かかわる成分を持つタイプもあり、ドラッグストア等でも購入できるような市販薬はありませんが、近年では処方せん無しで降圧剤やそのほかの処方薬も購入できるネット通販が登場しています。

病院で処方を受ける必要がある薬も購入できるのは個人輸入代行という形で海外医薬品を取り扱っている通販ショップです。
個人輸入と言ってもショップページ全体や個々の商品ページもすべて日本語で解説や注意事項が記載され、注文や決済も一般的なネット通販での買い物と同様の流れで行うことが可能です。
輸入のため送料が高そうな印象もありますが、まとめ買いで送料無料になったり割引サービスが行われているショップもあります。

ノルバスクやミカルディス、アダラートだけでなくそれらと成分も効果も同様のジェネリック医薬品も多数販売されており、常に服用している処方薬をお得価格で購入することができます。
普段病院で処方されている種類が残りわずかになっても病院にすぐに行けない場合などにも、処方せん無しでいつでも補充できるという安心感も大きく、万が一の災害用ストックとしても購入しておけます。

普段は先発医薬品を服用していてジェネリックを試してみたい場合にも有効活用できますが、ジェネリックは先発薬と有効成分は同じでも錠剤にする過程で添加するでんぷん等の種類が違うため、普段飲み慣れている薬であっても念のため注意事項を熟読して、用法用量をきちんと守って服用することはもちろん、何らかの異変を感じた際はすぐに医師に相談することが大切です。

人気記事一覧